星共社について
HOME > 星共社について

ご挨拶

星共社は1933年創業以来、一つひとつの仕事に情熱を注ぎものづくりに取り組んできました。
当社が手がけた製本は、永い経験と高度な技術を組み合わせて製作に取り組んでおりますので、子ども~孫の代までも保存に耐える製品であることを誇りに思っております。
常に読者の立場を想い日夜全力を注いでいるところです。

株式会社星共社 取締役 白井広昌

星共社の歩み

西暦沿革聖書と製本を取り巻く歴史
1927年
(S2)
群馬県で生まれた白井水造は学校卒業後、上京、岡田製本所を経て、当時東洋一と言われていた共同印刷製本部に20歳で入社し、製本の技術を会得した
星共社 沿革
(グーテンベルク印刷機)
1924年頃国産薄紙(インディア紙)が開発される
円本ブーム
1933年
(S8)
白井水造、星共社の前身である白井製本所を本郷区真砂町38(現在の文京区)に開業 世界恐慌後の不況
国連を脱退し戦争に向かう時代
大震災で焼失した聖書館が銀座4丁目に開館
1943年
(S18)
企業整備により満州に進出、関東軍第532部隊の専属工場として奉天にて操業 装幀に金使用禁止
印刷製本資材入手困難となる
1945年
(S20)
終戦、シベリア抑留を経て1947年帰還 小石川地区など製本業者密集地区、戦災を被る
1948年
(S23)
帰国後、直ちに文京区表町(現小石川)に製本工場再建
聖書製本を手掛けるために、製品見本を何十回となく作り直し、ようやく聖書協会に認められるようになる
終戦直後から、米国聖書協会が1000万冊の聖書を日本に贈る運動を開始
1949年
(S24)
文京区表町に第一工場を確保、聖書専門工場として薄紙(インディア紙)を折る機械、綴り機械を特別に整備する
1000万冊頒布の一翼を担う(翌年第二工場建設)
 
1952年
(S27)
事業拡大に伴い、法人組織とし社名を「株式会社 星共社」と改称する
星共社 沿革
 
1955年
(S30)
口語訳聖書の完成により順次頒布冊数が伸長し、事業が拡大していく
国産薄紙を使用し、同じ薄紙を使用する辞書製本にも取り組む
前年、口語訳新訳聖書が完成し、銀座にて完成感謝式典が行われ全国に頒布される
1966年
(S41)
白井宏二入社
この頃白井水造は城北信用組合の理事長として、金融面から地域経済と製本業の発展に貢献
 
1967年
(S42)

板橋区向原に、鉄筋コンクリート4階建の工場を建設
下固めからクルミ製本まで可能な国産芳野式製本機械を導入し、日産10,000冊以上の生産能力となる(さらに翌年2階建て工場増設)

 
1970年
(S45)
8月白井水造急逝
妻君枝、社長に就任(実質は白井宏二副社長により継承される)
プロテスタントとカトリックの聖書翻訳の共同訳を決定
大阪万博にて各種記念聖書発行
1974年
(S49)
スイス製の全自動金付機械導入
手作業で行われていた聖書の三方金付け工程は、機械化により大幅に生産能力が改善し、大部数に対応できるようになった
星共社 沿革 星共社 沿革
前年石油ショックで資材高騰
     
    1981年ヨハネ・パウロ二世、マザー・テレサ来日
1987年
(S62)
聖書新共同訳専門工場としての役割を果たす
ナビタス小口印刷機、交互集積機、自動角丸機、自動包装機導入
さらにビニール表紙クルミ装置を取付、ビニール表紙製本にも対応していく
星共社 沿革 星共社 沿革
聖書新共同訳全巻発刊
旧約聖書続編付も同時発行
1994年
(H6)
工場南隣地に3階倉庫を増築する  
1995年
(H7)
板橋工場増築(3階建て)  
1997年
(H9)
ボーレンベルグ3方断裁機、下固め機械などの入れ替え、自動スピン、スリップ機械の導入と設備の更新と充実に努める
海外向け聖書の製本開始
星共社 沿革 星共社 沿革
アフリカ15ヶ国にフランス語聖書25000冊発送
1998年にはケニア視察
2000年
(H12)
聖書(A4判総革装三方金講壇用)を金沢市立安江金箔工芸館に贈呈(現在は倉庫保管)
2000年対応のコンピュータ内臓最新型コンパクトライン(コルブル製)を導入時間3,600冊の生産能力となる
1999年フィリピン・タガログ語、2000年ジンバブエ・ショナ語等海外向け聖書輸出開始(アフリカ諸国、東南アジア諸国、東欧諸国、コロンビア)
2002年
(H14)
海外各地へ赴き、現地でどのように使用されているか視察  
2003年
(H15)
A3判型対応半自動クルミ機械の導入
大型本に対応できるようになる
環境問題への取り組みとしてISO14001研修会参加
星共社 沿革
 
2005年
(H17)
当社製本ローマ法王へ贈呈
本社・工場ISO14001取得 
翌年クルミ機械に天地グル防止装置を取り付ける
星共社 沿革
 
2008年
(H20)
本社・工場ISO14001更新
製本産業個人情報保護体制取得(SAPPS)
 
2013年
(H25)
開業80年、株式会社として61年を迎える
板橋エコアクション活動開始(11/26)【板橋エコアクション2008活動証
 

会社情報

商号 株式会社 星共社
SEIKYOSHA Co. Ltd.
創業 1933年2月1日
代表者名 代表取締役 白井 宏二
取締役 白井 広昌
所在地 【本社】〒112-0002 東京都文京区小石川5丁目24番12号
5-24-12 Koishikawa, Bunkyo-ku, Tokyo 112-0002 Japan
【工場】〒173-0036 東京都板橋区向原3丁目10番37号
3-10-37 Mukaihara, Itabashi-ku, Tokyo 173-0036 Japan
営業時間 8:00~18:00
休日 土日祝日
TEL 【本社】 03-3814-5775 (受付時間 8:00~18:00)
+81 3 3814 5775
【工場】 03-3972-1561 (受付時間 8:00~16:30)
+81 3 3972 1561
FAX 【本社】 03-3814-1014
ホームページURL http://www.seikyosha.co.jp
対応地域 全国47都道府県
事業内容 聖書製本、上製本全般、特殊製本、
三方金・三方銀付けサービス、他

交通・アクセス

本社

〒112-0002
東京都文京区小石川5丁目24番12号

丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩8分

 

工場

〒173-0036 
東京都板橋区向原3丁目10番37号

西武有楽町線 小竹向原駅 徒歩2分
副都心線 小竹向原駅 徒歩2分
有楽町線 小竹向原駅 徒歩2分

 

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 資料請求・お問い合わせ
  • Craftib かがりノート
  • 三方金・三方銀
  • 三方金料金表
  • 対応地域:全国47都道府県
  • 星共社の三方箔付けには様々なデザインがございます。
聖書製本、三方金・三方銀のことなら株式会社星共社 聖書製本、三方金・三方銀のことなら株式会社星共社

[聖書製本三方金三方銀]
〒112-0002
東京都文京区小石川5丁目24番12号
TEL 03-3814-5775
FAX 03-3814-1014
5-24-12 Koishikawa, Bunkyo-ku, Tokyo 112-0002 Japan

⇒詳細