池上彰立教教室 - 「私の実践的リベラルアーツ論」 - 伝えたい、大切な学びの世界 -

3/1(土) 立教大学ビジネスデザイン研究科;池上彰立教教室へ参加して参りました。

池上氏の行っていることの根底には、学ぶことの楽しさ、大切さ、という経験と確信とがあり、「直ぐには役に立たないこと」、を学ぶ大切さを強調される。リベラルアーツ(人を自由にする学問)は、「直ぐには役に立たないこと」、を「学び続ける」こと。

それが何れ基礎となり、自ら更に問題を創り出していく。これが人を自由にする。やはり、PDCAサイクルなんですね。

「スペシャリストとしてではなく、プロフェッショナルなゼネラリスト」が目標、という立教大学ビジネスデザイン研究科は、昨年、ソーシャルデザイン集中講座課程に参加させて頂きましたが、私の大切な学びの世界になっております。

2014年3月2日(日) もっと学び続けなければ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>