ビジネス改革力養成セミナー「東京オリンピックをチャンスに儲けて成長する戦略」

主催:東京都北区産業振興課商工係 工業担当 きたくなるMONOづくり未来塾 ビジネス改革力養成セミナー 東京オリンピックをチャンスに儲けて成長する戦略~城東・城北地区を儲かる産業エリアにするために~(ビジネスデザイナー/戦略プロフェッショナル 志村 勉氏)

平成27年7月18日(土)、赤羽会館大ホール

<セミナー備忘録>                                                                     ・企業の収益性・持続性の現状 ~大きく収益を落としているのは戦略経営が出来ていない                       ・成長曲線で見る事業収益 ~事業には旬がある、どの位置であるかで、求められる戦略方針が異なる   ・成熟期・衰退期の対策 ~市場利益の8割は成長期にもたらされるから                           ・アンゾフのマトリクス ~誰に、何を提供するのか?を考える                                      ・新規事業へのアプローチ                                                                    ・ビジネスは、人とやり方次第 ~誰がやるか、どうやるか が重要・事業・産業創出システムこそ最大の地域産業活性化策 ~事業には寿命があるため、新陳代謝が必要、延命では地域は活性化しない                          ・フィンランドの産業創出戦略 ~国家プロジェクトです                                                 ・TEKEK(サイエンスパーク協会) ~大学や地域のビジネスシーズを事業化して産業を育てる機関                       ・ドイツのMedical Valley ~人口10万人のエアランゲン市が出資                                          ・事業が生まれるには ~誰がやるか?どうやるか?次第 欧州は人材育成に注力している                       ・ビジネスの着眼に向けて ~理想とギャップや不足                                                    ・将来を見通す ~統計を研究、トレンド                                                       ・オリンピックはどんなチャンス? ~世界中から注目、沢山の人が集まる                                ・VCや銀行の評価ポイント ~8割は人物で評価・技術                                                ・シーズの商品化、事業化 ~社員の技術に注目                                                    ・イノベーションの定義 ~全く新しく、意外性があり、劇的に有用なもの                                       ・イノベーティブな商品企画法 ~→顧客の理解共感と洞察→顧客の問題定義目的定義→アイディア開発創造→プロトタイプ試作→テスト検証                                                            ・バリュープロポジションキャンバス                                                                 ・ビジネスモデルとは?*誰に*どんな価値を*どのように提供するのか?*そこで、どのように利益を獲得するのか?                                                                            ・製品ピラミッドモデル ~低価格から高価格までラインナップを作り、低価格帯商品をファイヤーウォールにして、競合に参入させない、最低価格帯は愛好者を育て、いずれ上位へシフト~ブランドに愛着                                          ・インストールベース利益モデル ~注意点は価格が高すぎない、買い易い環境の提供                            ・マルチコンポーネント利益モデル ~コカコーラ参照                                                          ・プラットフォームビジネスモデル ~アップル参照                                                         ・プラットフォームの価値づくり ~優れたストーリーがあって始めて機能するシステム                              ・プラットフォーマーが強力化 ~プラットフォーマーが顧客接点を占有できる、自己成長機能も備えている   ・顧客のシステム経済性 ~金銭、時間、労力、手間、ストレス等                                           ・顧客ソリューションモデル ~GE参照~サプライヤーは、顧客の問題を最もよく見える位置                          ・ビジネスモデル再構築の視点 ~従来の顧客を見直す*担当者→経営者*モノ→コト                              ・事業戦略 ~持続的収益の確保                                                                  ・優れた経営戦略とは ~顧客にとって魅力的な独自性が、事業経験を積むほどに育っていって、他社とは離れていくようなことに集中していく経営

2015年7月20日(月) Key Factor for Success

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>