月別アーカイブ: 2016年8月

板橋区産業振興公社 働きがいのある会社セミナー「相談例から学ぶ労働基準法・労働契約法」

板橋区産業振興公社 働きがいのある会社セミナー「相談例から学ぶ労働基準法・労働契約法

講師:特定社会保険労務士 河野直次氏

2016年8月24日(水)板橋区ハイライフプラザいたばし 2階Bホール

労働関係:使用者と労働者と「契約」・・・自由意志合致で決定
 対等の立場の実現のため、労働関係における契約の自由や調整を図ったものが労働基準法・労働契約法

契約書、就業規則の整備とそれらを従業員が周知・承諾していることが重要

労働契約:書面による労働条件の明示(義務)以外は自由に明治
 有期労働契約(期間の定めのある労働契約)⇒無期転換への留意点
  就業規則において「職責」「業務内容」「更新条件」を明示しておくこと

「懲戒」の合理性・・・就業規則、契約が文書化されていること + 就業規則の解釈が必要
「懲戒」の相当性・・・社会的通念、会社の名誉や信用を損ねたかどうか? が基準となる
  注)解雇権の乱用は無効(労働契約法第16条)

労働時間:休憩時間を除いて1日に8時間、1週間に40時間を越えて労働させてはならない
 ⇒変形労働時間の採用
  1ヶ月単位の変形労働時間:1ヶ月以内の一定の期間を平均し、1週間の労働時間が40時間の範囲で、特定の日や週について1日及び1週間の法定労働時間を越えて働かせることができる(1ヶ月平均で8時間/日になっていれば割増は払わなくてよい)

労使協定、就業規則で労働時間を特定し、周知すること(シフト表が必要)、起算日を明確に定めておくこと

2016年8月28日(日)㈹杉江誠
 

板橋区産業振興公社 「働きがいのある会社セミナー」第2回「仕事を通じたココロのセミナー」

板橋区産業振興公社 「働きがいのある会社セミナー」第2回「仕事を通じたココロのセミナー」

講師:株式会社セブンフード 代表取締役 木村隆彦氏

2016年8月3日(水)ハイライフプラザいたばし 2階Bホール

社長:元気がないとダメ→従業員を幸せにするため
・経営理念
 「感謝」「笑顔」「未来への挑戦」をメインテーマにスタッフ皆で経営理念を考える
  経営者:大まかな舵取り(社員に何ができるのか)⇒協力してくれるスタッフにどのように手伝ってもらえるか

・挨拶・掃除の徹底 ・・・人として最低限必要なこと 永遠の課題 徹底的に研修・教育 毎日注意
  仕事は「挨拶」から 「挨拶」とはお互いに認め合うこと
  呼称挨拶:○○さんおはようございます!!
       ○○課長お疲れ様でした!!!
   ・挨拶に必ず相手の名前を言うこと
   ・お互いを認め合い、仕事をスムーズにする
   ・コミュニケーションは挨拶から
   簡単ではなくものすごく時間がかかることだがトップがあきらめずやり続けること!
   トップがあきらめると習慣づかない⇒幸せになれない
・年度ごとの「キーワード」を決め皆で共有
   幸せになるための行動指針を常にスタッフは求めている。
・多くの問題を乗り越えてこれた理由
   ・みんなが経営目線で仕事をする
   ・個々の問題をみんなで共有する
   ・協調性やチームワークが働く意味や喜び、幸せを感じとれる そういった意味ではみんなが家族
   ・ここが新しいものにチャレンジしていく
   ・スキルを学んでいく
・働く4タイプ 5年後を目指す 毎年アンケート実施⇒面接で何をやりたいか確認
   ・職人:体一つで健康に気を付けながら作業を全うし心豊かな人間を目指す
   ・商売人:時代の最先端マーケットを習得し、お客様が何を喜んでくれるかを考えて行動する
   ・経営人:人をまとめて不屈の精神力を養い、組織を作り商売を大きく社会に大きく貢献する人
   ・事業人:投資したものがどう返ってくるかを考え、投資効果の拡大、マーケットチャンスを拡大する人
  モチベーションプロセス
   ①生活 ⇒ ②物欲 ⇒ ③社会貢献
・決意表明・・・命がけでスタッフを守るのに必要
  自分のやりたいこと、あえてできていないことを書く
  「自分自身が変わる宣言」 皆の前で180日で変わることを宣言
   ・どう変わるかを具体的にシンプルにやり続ける
   ・自身に非があり誤ったときは皆の前で謝る
・仕事を通じた成功を得るための7つのキーワード
 「健康」「社会貢献」「人脈」「経済」「家庭」「自己啓発」「趣味」

行きつくところは「人と人とのつながり」
一生勉強
前向きに絶対にあきらめない!

2016年8月6日(土)㈹杉江誠