月別アーカイブ: 2016年4月

東京商工会議所 工業部会  AI(人工知能)と産業革命

東京商工会議所 工業部会  AI(人工知能)と産業革命

講師:(国研)産業技術総合研究所 人工知能研究センター センター長 辻井潤一氏

2016年4月27日(水)丸の内二丁目ビル 3階会議室

「実世界で人間と協働するAIと製造業」

・背景と現状
 米国・・・巨大IT企業が優れた研究者を世界中から集め、自らの持つ巨大データと様々な技術を組み合わせた人工知能を開発し事業化
  ①計算技術の発展
  ②データの観測(予測)
  ③データを利用したビジネスモデルの確立
   ⇒膨大な情報を一括収集し商売につなげる

 日本・・・研究者が個別に基礎研究に従事し、それらを統合して革新的な人工知能を開発する動きは少ない
   ⇒散らばったデータを一括収集する機関の設立:人工知能研究センター
                         
 日本でのAIの活用  (日本の潜在能力は高い)
   ・ヒューマンライフ(一人ひとりの生活の提供)
   ・日本のサービス力の強さを活かした産業に活かす(医療、高齢者、旅行、小売業…)
   ・製造業の技術力の拡大(ロボット、自動運転)

・AIの要素と技術的な基盤
   ①ビックデータ(センシング⇒認識) + 現場、専門家データ(行動⇒行動計画) から モデリングへ  
   ②ディ-プラーニング(機械学習)
   ③シミュレーション     
   ⇒強いプログラム同士の自動的勝負の繰り返しにより判断の正確性を向上

・AI技術の研究開発と実用化の循環
  人工知能研究センターの役割
   大学・企業とも連携した国内最大のAI研究拠点にて
   ・次世代脳型人工知能、データ知識融合型人工知能 でのモデリングの高度化
           ⇓
   ・先進中核モジュール(言語理解、行動分析、予測・推薦、計画・制御、パターン認識)
           ⇓
   ・社会ビジネスへの適用
     ネットワークサービスコミュニケーション
     健康・生活支援
     小売・流通サービスデザイン
     産業ロボット・自動車
     気象分析・文献整理
     ベンチャーとの連携

2016年4月29日(金)㈹杉江誠

  

板橋区企業活性化センター 第114回いたばし起業塾「中古アパレルチェーンで世界を目指すドンドンダウンの挑戦」

板橋区企業活性化センター 第114回いたばし起業塾「中古アパレルチェーンで世界を目指すドンドンダウンの挑戦」

講師:株式会社Don Don Up 代表取締役 岡本昭文氏

2016年4月20日(水)板橋区企業活性化センター

「ドンドンダウン・オン・ウェンズディ」というユニークな中古衣料リサイクルショップを創造、急成長
・ビジョン
 オシャレで、明るくて、元気があって、ちょっとヘンテコリンで、なおかつCO2削減に大きく貢献するエコカジ古着ショップを広め、世界一になること
・ミッション
 ドンドンのビジョンを表現することで、“強制”ではなく“共感”によって、世界中の人々の自発的でパワフルな想いを募る。
 そして、古着を売ったり、買ったりするアクションそのものをスタンダードにすることで、サスティナブルな地球作りをすること。

・「古着リユース」文化の常識化
  ・マーケットサイズが定まっていない                   ・マイナーなものをプラスへ
  ・大手が参入していない       ⇒「古着リユース」文化の常識化へ  ・止まらないこと、動き続けること
  ・ナンバー1が決まっていない                      ・鮮度を大事にする

・小売店のビジネスモデル
 ・自動的にお客様が来店するしくみ ⇒ お客様の購入目的を明確化、スケジュール化させてしまう 「毎週水曜日に値下げ」他各曜日をイベント化
 ・自動的にお客様が購入するしくみ ⇒ 「逆オークション」でお客様を驚かす、心を揺らす
 ・自動的に口コミが広がるしくみ ⇒ 日常会話に出やすい 「名前」が正確に伝わりやすい(覚えやすい、馴染みがある)
 
 とにかくまず「お客様に来店してもらうこと」:「来店動機」を高めることが最も重要
  ・「ドンな服でもドンドン買取」
  ・店内にマネキン「さくらちゃん」設置

・三方良しのビジネス
 3R「Recycle」「Reuse」「Re-Wear」で社会貢献

全ての失敗の点が成功への線として必ず後から役に立つ ⇒ 結果として成功モデルとなる
生き残るためには日本一にならなければならない信念 ⇒ ナンバーワンとして圧倒的認知を確立する

2016年4月24日(日)㈹杉江誠