月別アーカイブ: 2015年8月

いたばしスキルアップMBA講座 リスクマネジメント

板橋区立企業活性化センター いたばしスキルアップMBA講座 リスクマネジメント

2015年8月29日(土) 板橋区立企業活性センター2階研修室
 
講師:ビジネス・ブレイクスルー大学 経営学部 グローバル経営学科専任教授 野間口雅彦氏

講義の目的
 ・企業・個人の様々なリスクを避けて活動出来ない現状においてリスクマネジメントは極めて重要な経営課題の一つ
 ・リスクの分析・洞察⇒企業経営力・個人の生活力の向上  豊かな人生を送るためのヒントを得る

講演内容
 1、企業のリスクマネジメント
 2、日本を取り巻く状況
 3、個人のリスクマネジメント

 ・リスクの認知 
  ・危険なのに安心している
  ・危険かつ不安←ただし何もしないのであれば危険内で安心している方がまし
  ・安全なのに危険を感じる:もっとも危ない(9.11飛行機テロによる自動車死亡事故増加)
 
 ・リスクマネジメントとは、
  これから起きるかもしれない危険に対して事前に対応しておこうという行動
  (リスクを組織的にマネジメントし、損失などの回避または軽減をはかるプロセス)

 1、企業のリスクマネジメント
  企業をめぐるすべてのリスク
  ①戦略リスク:事業戦略、商品戦略、他戦略
  ②金融リスク:市場、流動性、信用、他
  ③オペレーショナルリスク:システム、事務、人的、規制・制度変更、リピュテーショナル(評判)リスク、他
  ④自然災害:地震、津波、火事、台風、他
  ⑤その他:カントリーリスク

 ・全社的リスク管理(ERM)は
  ①事業体のトップ、その他の組織内の者によって遂行され
  ②事業体の戦略策定に適用され、事業体全体にわたって適用され
  ③事業目的の達成に関する合理的な保証を与えるために事業体に影響を及ぼす発生可能な事態を認識し
  ④事業体のリスク選考に応じてリスク管理が実施できるように設計された
  ⑤一連のプロセスである

 ・リスク対応
  ①リスク回避:リスクを引き起こす事業をやらない
  ②リスク軽減:業務の見直し等によりリスクを減らす
  ③リスク共有:保険・ヘッジ等により他者と共有
  ④リスク受容:リスクをそのままにしておくことにする(きちんと考えてリスクを放置)

 ・失敗に学ぶ
  ①発生した失敗の再発を防ぐ
  ②責任者の評価を下げない
  ③失敗を共有し、組織のノウハウとする

 ・金融リスクマネジメント 
  ①ファイナンスにおけるリスク
  ②バブルの影響
  ③ストレステスト(リスクマネジメントの一手法)
  ④リーマンショックの影響
 ⇒ヒートマップを作成し、定期的にリスクの検証を行う

 ・法務リスクマネジメント

2、日本を取り巻く状況⇒個人に大きく影響する
 ・財政赤字
 ・少子高齢化問題

3、個人のリスクマネジメント
 ・国内外情勢把握
 ・自然災害(ハザードマップなど)

個人の生活力の向上から企業、社会へと貢献する重要性を強く感じた講演でした。

2015年8月31日(月) ㈹杉江誠

  
  

子育て支援、ワーク・ライフ・バランス シンポジウム

東京商工会議所江戸川支部 子育て支援、ワーク・ライフ・バランス シンポジウム

2015年8月27日(木)タワーホール船堀 2F「平安」

・プログラム
 1、基調講演
  ①「みんなで子育てする社会へ」
   講師:榊原智子氏(読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員)

  ②「江戸川区の子育て施策」
   講師:多田正見氏(江戸川区長)
 
 2、パネルディスカッション
   ・コーディネーター 榊原智子氏(読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員)
   ・パネリスト
     森本勝也氏(東京商工会議所江戸川支部交通運輸文科会長)
     加納志野氏(有限会社大千 代表取締役社長)
     吉田由美子氏(株式会社古田土経営 専務取締役)
     大葉ナナコ氏(株式会社バーンセンス研究所 代表取締役社長)
     尾形和昭氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン)

・講演内容
 ①「みんなで子育てする社会へ」
  ・ストップ少子化・地方戦略(増田レポー):2040年までに市町村半数消滅
  ・「選択する未来」委員会5月中間報告:労働力人口6,500万人⇒4,800万人へ減少
 ⇒女性の労働者増、少子化対策
 日本:産みにくい、育てにくい社会は今も変わらず⇒産ませてくれない職場
 
 ②「江戸川区の子育て施策」

 パネルディスカッション
 ワーク・ライフ・バランスとは仕事と私生活(育児)が両立できるしくみ
 ・要点
 ワーク・ライフ・バランスは
  ・経営戦略(人材確保、モチベーション向上)
  ・子育て支援⇒介護支援
  ・男性も女性も共に子育てに携わり働き続けられる会社にするしくみ
 
 経営者側からのアドバイス
  ・従業員1人1人とコミュニケーションを取り公的な場で柔軟な対応を
  ・柔軟なしくみを柔軟に対応しながら成果は区別しない(仕事に厳しく、人に優しく)
 労働者側からのアドバイス
  ・育児・仕事の両立は職場に理解があることが一番

 少子高齢化に向けてワーク・ライフ・バランスの重要性を学んだシンポジウムでした

2015年8月31日(月) ㈹杉江 誠
 

台東・文京 2015ビジネス交流フェスタ 

東京商工会議所台東支部・文京支部 台東・文京2015ビジネス交流フェスタ あなたの会社のビジネスパートナーを見つける受発注交換会

2015年8月25日(火)台東区役所 10階 大会議室

参加企業:95社(皮革、ジュエリー・アクセサリー、アパレル、情報、環境、電気・機械、出版・印刷、医療機器、その他)

1、グループミーティング
 14:00~16:30 1グループ:10~12名 
 3回に分けて各社プレゼンテーション、質疑応答、名刺交換 (1回目:同業種 2、3回目:異業種)
 (自社PR、発注したい案件、受注したい案件)

2、展示商談会
16:30~17:30 
 各社製品、サービスの紹介および受発注等商談会
 

自社製品のPRだけでなく、具体的な商談や同業種、異業種からの情報収集など意義深い交流会でした

2015年8月26日(水) (代)杉江誠

働きがいのある会社セミナー第3回目「社員の成長を支援する」

板橋区産業振興公社 働きがいのある会社セミナー 第3回目「社員の成長を支援する」

講師:(有)ヒューリッドコンサルティング 代表取締役 北垣武久氏

2015年8月24日(月)板橋区ハイライフプラザいたばし

全従業員が当事者意識をもつ全員経営⇒働きがいのある会社⇒周囲の評価が変わる
                             ①顧客
                             ②公的機関、金融機関⇒さまざまな案件が通りやすくなる
                             ③従業員のモチベーション
そのためには、組織能力を高める必要がある
A、組織を強化する
1、社員重視の組織になる条件
 ①組織の価値観(わが社は何を大切にしていく会社なのか)が共有されている
 ②社員の自主性が尊重されている
 ③社員のやる気と能力が発揮されている
 ④頑張った社員が公正に評価されている
 ④社員がやりがいをもち、満足している

2、学習する組織を作り上げる:学習し続ける組織が競争優位を獲得する
 ①自己啓発
 ②メンタルモデル(既成概念、決めつけ)が固まると発展がない
 ③ビジョンが見える
 ④チーム学習:別部署が融合した学習を行う
 ⑤システムシンキング:全体最適の目を養う

B、組織が求める3つの能力
社内のそれぞれの立場(トップ、ミドル、一般社員)に求められる能力の重要性が違う。
・マネジメント能力
・対人関係能力
・業務遂行能力

個人個人が良かれと思ってやっていることがバラバラ⇒組織能力は低下する
必ず職場調査を定期的に行い各々のイメージを集計、フィードバックし徐々にステップアップさせて組織能力を高めていくことが重要

・経営品質向上プログラムの基本理念

1、顧客本位⇒2、独自能力(こだわり)⇒3、社員重視⇒4、社会との調和⇒1、顧客本位

・経営品質を高めるための8つの視点(成功の原因と結果のしくみ)
あらゆる社会の機械は業種、業界を超えて以下の組織が成り立てばすべてうまくいく
1、経営幹部のリーダーシップ
2、経営における社会的責任
3、顧客・市場の理解と対応
4、戦略の策定と展開
5、個人と組織の能力向上
6、顧客価値創造のプロセス
7、情報マネジメント
8、活動結果

2015年8月26日(水) (代)杉江誠

 

板橋区産業振興公社・働きがいのある会社セミナー

公益財団法人板橋区産業振興公社・働きがいのある会社セミナー・第3回「社員の成長を支援する」・講師:北垣武久氏(有限会社 ヒューリッドコンサルティング代表取締役)

2015年8月24日(月)板橋区立ハイプラザ

経営品質を高めるための8つの視点
1.経営幹部のリーダーシップ
2.経営における社会的責任
3.顧客・市場の理解と対応
4.戦略の策定と展開
5.個人と組織の能力向上
6.顧客価値創造のプロセス
7.情報マネジメント
8.活動結果

経営幹部のリーダーシップ
(経営幹部としてあなたは)
1.事業の進むべきありたい姿=ビジョン明確にしている
2.将来にわたり事業を行うための変革課題を明確にしている
3.時代が変わっても変えてはならないことは何かを明らかにしている
4.ビジョンや変革課題をメンバーに伝え、理解を求め、共有を図っている
5.ビジョンや変革課題をパートナーに伝え、理解を求め、共有を図っている
6.ビジョンの実現に向けて、方針、戦略を持って臨んでいる
7.ビジョンを実現するための組織体制、仕組み、制度の導入を図っている
8.組織で物事を決める際の基準は明らかにしている
9.社員が現場で自主的な判断や行動ができるような支援と基準がある
10.経営目標の達成状況を把握するために情報、データを用いている
11.リーダーシップがうまく発揮しているかを判断する視点を持って行っている
12.リーダーシップとして達成状態を明らかにしている
13.リーダーシップのあり方を常に見直し、改善・革新を図っている

社員重視の組織になるための必要要件
・組織の価値観が共有されている
・社員の自主性が尊重されている
・社員のやる気と能力が発揮されている
・頑張った社員が公正に評価されている
・社員のやりがいをもち、満足している

2015年8月24日(月) 社員が喜ぶ働きがいのある会社づくりに頑張る

「危ない会社の見分け方-倒産の確立-」セミナー

東京商工会議所 中小企業相談センター  「危ない会社の見分け方-倒産の確立-」セミナー

講師:㈱東京商工リサーチ東京支社 上席部長 黒崎洋平氏

2015年8月19日(水)丸の内2丁目ビル 3階 東京商工会議所本部 会議室7

講演内容
1、倒産事例と業界状況
2、TSRレポートを利用した与信管理
 ・倒産企業に見る危険な兆候
 ・業績推移、自己資本比率、有利子負債構成比率、総資本回転率、在庫、不良債権、格付(評点)から見分ける
3、零細企業の実態-なぜ赤字続きで倒産しないのか-今日も元気な赤字優良企業
 ・経営者のチェックポイント、経営者の資産状況、不動産登記簿から見抜く

要点
・倒産する会社には必ず予兆がある。倒産の予兆の傾向を以下の項目で見分ける
 (1)業績推移(売上高、経常利益、当期利益)
 (2)自己資本比率
 (3)有利子負債(借入額)
 (4)金利負担
 (5)総資本回転比率
 (6)在庫(棚卸資産回転率)
 (7)不良債権金額
 (8)TSR評点

・倒産は偶然に発生しない。以下10項目中、3項目が重なると倒産予備軍と考えてよい
 (1)販売不振=売上減少
 (2)既往のシワ寄せ=赤字の累積
 (3)過少資本=自己資本の蓄積不足
 (4)放漫経営=無理な投資や代表一族の身勝手人事等
 (5)他社倒産の余波=不良債権による決済資金不足
 (6)設備投資過大=取引先の海外移転
 (7)信用性の低下=危ない会社の噂が立ち商品仕入れが困難に
 (8)売掛金等の回収難=先方の言うままに資金回収が長期化
 (9)在庫状態悪化=不良在庫の増加
 (10)その他=代表急死、自然災害、盗難等

与信管理により兆候を事前につかむことが重要。
取引先状況も把握しておく。

2015年8月19日(水) (代)杉江誠
 

今日から使える!中小企業の広報戦略 ~お金をかけずにマスコミに掲載されるノウハウ~

東京商工会議所文京支部 今日から使える!中小企業の広報戦略 ~お金をかけずにマスコミに掲載されるノウハウ~

講師:㈱ビューティラボ 代表取締役 広報コンシェルジュ 中野啓子氏

2015年8月18日(火)文京シビックセンター 地下2階

講演内容
・広報(PR)と広告の違い(メリット・デメリット・効果)
・広報成功のための心構え(メディア記者との良好な関係づくり)
・広報活動に必要なプロセス(企画から掲載後までの対策)
・顧客の心に響く心理効果(ウケる表現、嫌われる表現)
・効果的な媒体戦略(具体的な成功事例を紹介)

要点
・有料で行う情報伝達である広告ではなく、無料で信頼性を生む広報活動が企業アピールに効果的である。
  商品、サービスの訴求だけでなく、企業理念の理解やブランディグ、リクルート対策に効果的。
・メディア記者が伝えたい、興味を持つ企画とターゲットを絞り込むメディアリストの作成が重要。
  また掲載後の効果測定とクリッピングによる二次媒体による利用が重要。
・インパクトのあるツールによるアプローチ(AR、パズマーケティング) PRサイトも効果的。

 広報はマスコミやお客様のたくさんの方の目に触れられなければ意味がない。
 新鮮、本物、ユニーク、時代性を取り入れた広報活動をあきらめずにやり続けることが大きな実を結ぶ。

2015年8月18日(火) (代)杉江誠

マーケティングの観点から見た展示会活用セミナー

板橋区産業振興公社 いたばし産業見本市実行委員会・マーケティングの観点から見た展示会活用セミナー

講師:日本イベント業務管理士協会 事務局長 酒井基喜氏

2015年8月6日(木)板橋区ハイライフプラザいたばしAホール

講演内容
・マーケティングとしての展示会の活用
・出展準備(委託及び社内業務)
・有効な商品プレゼンテーションの方策・ブース内への来場者誘導
・出展前の集客作業と出展後のフォローの重要性

要点
・マーケティング戦略においての展示会の位置づけを認識
・出展において主催者・開催目的・ターゲットの明確化
・関係者(主催者、委託業者、社内)との連携強化
・ターゲットへの強い訴求のためのブース、展示手法

マーケティング戦略の最適な手段である展示会を活用し、企業理念、製品、情熱、人間性を大きくアピールすることが重要である。

初めて展示会に出展する際の具体的な手法を学べました。

2015年8月7日(金)(代)杉江誠

東京商工会議所・会社を潰さないために資金繰りをマネジメントする

東京商工会議所・キャッシュフロー経営セミナー・会社を潰さないために資金繰りをマネジメントする

講師:株式会社タナベ経営 マネジメントパートナーズ本部 部長代理 西山英男氏

2015年8月4日(火)江戸川区タワーホール船橋4階 研修室

講演内容

1、資金繰りの基本

・損益計算書と資金繰りの違い
・先行資金繰り表の作成

2、キャッシュフロー経営

・キャッシュフロー経営の本質:企業価値の向上
・キャッシュフローとは
・キャッシュフロー計算書の作成
・キャッシュフロー計算書の仕組みと考え方
・資金繰り表とキャッシュフロー計算書の違い
・キャッシュフロー改善のポイント

要点

・経営は格闘技:キャッシュとの闘い:いかにキャッシュのバランスを保つか。
  バランスメーターとして資金繰り表、キャッシュフロー計算書を活用する。
・現預金をいかに増やすか!(現預金に始まり現預金に終わる)
・中小企業こそキャッシュフロー計算書を活用・管理することが大事

・人は判断を間違うもの、その中でいかにバランスを保つか→「耳障りな人を身近に置く」
・人も企業も同じ:バランスが崩れたときに病気、倒産する。

経営初心者に向け基本を徹底しわかりやすい親切なセミナーでした。

2015年8月5日(水) (代)杉江誠