月別アーカイブ: 2015年5月

とみん経営研究所・「M&Aの基礎講座」・田口信夫氏

株式会社とみん経営研究所・「M&Aの基礎知識」・㈱とみん経営研究所 田口信夫氏

2015年5月28日(木)とみん神田ビル3階セミナー会場

◎M&A (Mergers and Acquisitions) ①合併②買収③事業譲渡④業務提携                            Ⅰ.日本国内のM&Aの取引概況1.本邦企業同士の件数は2012年以降3か年続けて増加傾向2.取引金額は小型化傾向                                                             Ⅱ.なぜM&Aか~日本の社長の平均年齢は、1990年以降毎年上昇。                                    Ⅲ.事業承継の形態とM&A ①子弟、親族への承継~・経営者としての資質、能力の不足・相続税、贈与税の負担・経営における公私混同・本人の承諾が得られない・役員、従業員の士気低下・親族間での争い・経営資源が現経営者の名義。②従業員への承継~・借入金の個人保障の引継が困難・後継者による自社株式の買取りが困難・後継者による事業用資産の買取りが困難・金融機関との関係が維持しにくい・計画的に後継者を育成することが難しい・本人からの承諾がえられない。③株式は現経営者の親族で相続し、経営は第三者に任せる。④M&A~・買い手企業をみつけることが難しい・適正な売却価格を算定することが難しい・役員、従業員からの理解を得られにくい・特に障害はない・取引先との関係を維持しにくい・情報漏洩や信用力低下が懸念される・自社株主から理解を得にくい・金融機関との関係を維持しにくい・仲介会社に支払う手数料が高い。⑤清算・廃業~・廃業後の生活費の確保・取引先等への影響・廃業するために係る費用・家族、親族への影響・従業員の処遇・個人資産の喪失・近隣住民への影響・金融機関との関係。          Ⅳ.小・中堅企業とM&A①時間を金銭で購う・規模の拡大・単独では得られないプラスアルファを得る・人材知見等の確保・既存事業に代わる新たな主力事業をつくる②事業を金銭に代える・事業承継の手段・本業に集中するために、周辺事業を譲渡して資金調達を図る。                               Ⅴ.M&Aへの取り組み方1.M&Aは婚活。2.よいM&Aとは株主、経営者、従業員、取引先、顧客にとって企業価値が上がる。

2015年5月29日(金)

 

賢いマネープランセミナー・竹川美奈子氏

SBIマネープラザ新宿中央支店・賢いマネープランセミナー・LIFE MAP ,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト 竹川美奈子氏

2015年5月27日(水)SBIマネープラザ新宿中央支店

1、なぜ「見える化」必要? 2、自分の家計を「見える化」をする 3、公的保障・企業内保障を「見える化」する 4、まとめ  ~  上記のような流れでの価値あるセミナーでした。

2015年5月27日(水)

 

当社製本工場見学

お得意先出版社様14名の当社板橋工場見学が実施されました。                                                                 皆様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

2015年5月22(金)

とみん経営研究所・「自社にマッチする事業承継を探る!」・北田朝雪氏

株式会社とみん経営研究所・自社にマッチする事業承継を探る!~成功事例と失敗事例に学ぶ~ 英和コンサルティング/英和税理士法人 税理士 北田朝雪氏

2015年5月19(火)主婦会館プラザエフ(4階「シャトレ」)

1、事業継承の全体像 ・継ぎたい会社づくりとは? ・後継者の選択肢と育成 ・成功事例にみる事業承継 ・失敗事例に学ぶ事業承継 2、支配権のバトンタッチのポイント ・自社株対策の勘所 3、社長のハッピーリタイアメント 4、忘れてはならぬ、家族への配慮

2015年5月19(火)

異業種交流会・横浜石川町

異業種交流会・石川町

2015年5月15日(金)VISCONTI

コラボレーションの時代、自分及び自社を知ってもらう機会をどう増やすか、ということで、異業種交流会に参加してまいりました。参加人数20名、経営者、士業の方が中心で横浜石川町で開催されました。

2015年5月19日(火)

 

ミッション2015実行委員会・「FAITH&WORK・MISSION FORUM」

ミッション2015実行委員会・「FAITH&WORK・MISSION FORUM」~仕事と信仰・宣教フォーラム 日本を変え、世界に影響を与えるクリスチャン・リーダーシップ

2015年5月16日(土)ベルサール東京日本橋

ゲストスピーカー ポールS.エイモス氏(アフラック社長)の講演会で印象に残った点を記します。①自身の信仰②困難の中での信仰③アメリカでの信仰④日本での信仰の4つのステージでお話しされました。         仕事は試練の場ととらえ、聖書から導かれた原則を社訓とし~もっとも大事にすることは真実であり、皆に使える、人を良く知る、失敗を認める、ゆるし与える、多様性を認める、そして権威に従う(最も難しかった)とのことです。また、日本人の勤勉さはバランスを欠いていると・・・・

2015年5月18日(月) 失敗は最高の教師

東京商工会議所・工業部会・「東レの研究・技術開発戦略」・阿部晃一氏

東京商工会議所・工業部会・演題:東レの研究・技術開発戦略・講師:東レ株式会社 代表取締役副社長 阿部晃一氏

2015年5月14日(木)東京商工会議所・丸の内二丁目ビル3階会議室6.7

本日の内容をすぐに思い出せるように乱雑に記載致します。                                                                                                                                       ・①「研究」~は突飛なアイディア~ほとんど失敗するのが研究である。②「技術開発」~決められたコスト、スペック、タイム ☆研究・技術開発を分けて考えるようにする。                                                     ・組織を大きく3つに分ける+1 ①確実に利益を出す部門②戦略的拡大部門③重点部門(インキュベーション) ★+1はリサーチセンター                                                        ・これからは融合の時代~ ①一つの組織では何もできない。②うちにいる社員の意識改革ができる。③組織体系を縦割りにして、技術部門をマトリクス方式にする。                                   ・歴史が証明してきたように、材料素材はその次の産業を創ってきた。貿易収支赤字は製造業で賄うしかない。                                                                        ・イノベーション~①日本のシステムは関係依存型モデル(伝統・創意工夫・和の総合力・異文化融合・超継続・内なるフロンティア②アメリカのシステムはスピンアウトモデル                                       ・炭素繊維は欠陥との戦いであった。~本命は航空機に使う。(60年くらい歳月がかかった~サプライヤーからトータルコラボレーション出来るようになった。)~中継ぎでスポーツ用品(釣竿・ゴルフクラブ)*アングラ研究~テーマの影になる製品が意外なものを生む。                                   ・東レがどうして永く投資できたか(投資と費用は切り離す)①経営者の信念。②垂直統合型組織。③高いハードルに耐えた結果の参入障壁の高さ。④国家プロジェクトとしての政府支援。                                     ・結論Ⅰ ☆持続的成長すること~その為には①基礎研究の重要性。②先端技術を粘り強く開発。③技術融合~専門家のパッケージ。④産官学連携での戦略的パートナーつくり                          ・結論Ⅱ ☆人材育成すること~成果を上げる人財とは①基礎科学力に裏付けされた高い専門性。②複数の専門性③未知の分野にアプローチする時のツボを知っている。④全体感、視野の広さ。★経営者は常に気に掛ける                                                            ・50年先の状況 ①グリーンイノベーション~バイオ研究、省エネ、水、空気②ライフイノベーション~医療、バイオ研究、DNAチップ(検査ツール)

2015年5月14日(木) 不要なものを要なものへ、不がポイント

東京都民銀行 春日町支店、神田支店合同・「事業承継セミナー」<自社の魅力の承継による事業承継>・大山雅巳氏

東京都民銀行 春日町支店、神田支店合同・「事業承継セミナー」  <自社の魅力の承継による事業承継>~経営理念・文化・ノウハウなど財務諸表に表れない目に見えにくい知的資産の承継~ ジュピター・コンサルティング㈱代表取締役 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 事業承継コーディネーター 大山雅巳氏

2015年5月13(水)とみん神田ビル3階会議室

最大のポイントは「事業の再認識」、自社のDNAを知り、創業から現在に至るまでの事業ストーリを整理して、自社のライフステージがどの局面にあるかを認識することが重要である。

老舗企業の強みのアンケート調査(複数回答可)での順位①信用(73.8%)②伝統(52.8%)③知名度(50.4%)④地域密着(43.1%)⑤信頼が厚い(37.5%)⑥顧客の承継(33.2%)⑦技術の承継(29.5%)

2015年5月14(木) 自社の歴史を再確認することの重要性

東京中小企業家同友会・記念講演・「人を大切にする経営」とは?・坂本光司氏

東京中小企業家同友会2015年度板橋支部総会・記念講演・人を大切にする経営とは?・報告者:坂本光司氏 法政大学大学院政策創造研究科教授

2015年4月21日(火)ハイライフプラザいたばし

「人を大切にする経営」                                                                                    ①自然の摂理・道理②どうしたら社員、家族を幸せにできるか

「日本でいちばん大切にしたい会社」を目指すために                                     ①正しい経営の実践(企業経営の使命・目的)②年輪経営(ゆとりと着実)③バランス経営(市場バランス)④非価格経営(高い価値のあるものを創るのが中小企業)⑤財務重視経営⑥情報武装経営⑦総力経営⑧社会貢献経営

2015年5月12日(火) 高い価値のあるものを創るのが中小企業

とみん経営研究所・「実務者の為のマイナンバー対策セミナー」・富永剛生氏

株式会社とみん経営研究所・実務者の為のマイナンバー対策セミナー・三井住友海上火災保険㈱ 経営サポートセンター 中小企業診断士 社会保険労務士 富永剛生氏

2015年5月8日(金)主婦会館プラザエフ(7階「カトレア」)

2013年5月に「マイナンバー法(=行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)」が成立し、2016年1月から「社会保障・税番号制度」が実施されることになった。全ての企業にとって、2016年1月までの対応が必須!!マイナンバーが使用される分野は、①「社会保障=年金・労働・福祉・医療」~・年金の資格取得や確認、給付・雇用保険の資格取得や確認、給付・ハローワークの事務・医療保険の保険料給付・福祉分野の給付、生活保護 等 ②「税」~・税務当局に提出する申告書、届出書、調書などに記載・税務当局の内部事務 等 ③「災害対策」~・被災者生活再建支援の支給・被災者台帳の作成事務 等である

今後のスケジュールとして、・2015年10月に番号通知・2016年よりマイナンバー利用開始・個人番号カード交付

2015年5月12日(火) かなりの業務量が増える見込み