月別アーカイブ: 2014年11月

東京都中小企業再生支援協議会

東京都中小企業再生支援協議会~再生支援協議会は企業版の地域創業病院です~

本日、11/28(金)東京商工会議所ビル4階で、事業再生に成功する5つのポイント講演会が開催されました。

①資金繰り~資金繰りが続かないと何もできなくなってしまう!?②信頼関係~金融機関との信頼関係はどのように築いていくのだろう?③不適切処理~粉飾等が表に出た場合、どうなってしまうのか?④経営責任~事業再生の過程で求められる経営責任とは?⑤後継者~後継者に会社を引き継ぐためには、どのような準備が必要なのだろうか?

上記夫々の事例を専門家の方々が説明致しました。

2014年11月28日(金)

東京商工会議所・「救急救命講習会」~AED実技指導

東京商工会議所・文京支部・「救急救命講習会(本郷消防署)」~AED(自動体外式除細動器)の実技指導も盛り込んだ充実内容~

昨日、11/27(木)東京商工会議所・文京支部「本郷消防署3階体育館」で、「松下インストラクター」「高橋隊員」の救急救命実技指導が行われました。

応急手当の重要性 ①救命②悪化防止③苦痛の軽減

成人の突然死とその特徴は2つ ①急性心筋梗塞~特に見逃さないようにするところは(冷や汗) ②脳卒中 A:脳梗塞~4時間迄の処置が重要。 B:くも膜下出血~激痛だが早ければ治る。

子どもの突然死とその予防は主に3つ ①けが~交通事故が最多 ②溺水~子どもだけの水遊び ③窒息~側に物を置かないこと

AEDを用いた心肺蘇生の流れ

①人が倒れている②周囲の安全確認③反応あるか?④反応なし⑤大声で助けを求め119番通報・AED依頼⑥普段通りの呼吸があるか?(10秒以内に3回・胸と腹の確認)⑦心肺蘇生・胸骨圧迫(胸骨圧迫は、強く少なくとも5センチ沈むまで、速く少なくとも100回/分)絶え間なく・気道確保と人工呼吸(可能であれば)⑧AED到着・まず電源オン・メッセージどおりに行動する(電極パットの装着など)→20秒ごとに自動解析開始・傷病者にふれない(心電図自動解析)・心肺蘇生中断→ショックが必要除細動実施(電気ショック)→・直ちに心肺蘇生再開2分間心肺蘇生→⑨救急隊に引き継ぐか、何らかの応答や目的のあるしぐさが出現するか、普段通りの呼吸をし始めるまで続ける。

2014年11月28日(金) 幸せの黄色いハンカチを観ながら

「これからのモノ作り 中小企業が生きる道~生き残りの道はここのある~」

「これからのモノ作り 中小企業が生きる道~生き残りの道はここにある~」 第18回いたばし産業見本市  (神戸国際大学 経済学部教授 中村智彦氏)

平成26年11/14(金)、板橋区立東体育館で開催されました。

次の時代をどう読むか、利益率を向上させるためにはなにが必要なのか、ダイソンやティファールはなぜ成功したのか、など、具体的な講演内容でした。

2014年11月21日(金) よい品をどんどん安くはダメです

平成26年度 第3回 日暮里経営セミナー 中小企業のための資金調達セミナー

平成26年度 第3回 日暮里経営セミナー 中小企業のための資金調達セミナー~資金調達するために必要なこととは何か~                                                             (独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部経営支援チーフアドバイザー佐田野 康氏)

平成26年11/12(水)、ホテルラングウッド5F「光」で開催されました。

金融機関が企業に融資する判断基準とは何か、金融機関は決算書の何を見て融資の可否を判断するのか、融資を受けやすい経営計画書の作り方とは、など・・・・実践的な講習会でした。

2014年11月21日(金) フリーキャッシュフローがプラスかが重要

 

 

東京商工会議所 -IEC 東京大会併催シンポジウム- 企業における国際標準の活用とグローバル戦略

東京商工会議所 -IEC東京大会併催シンポジウム- 企業における国際標準の活用とグローバル戦略

平成26年11/12(水)、東京国際フォーラム ホールB7で開催されました。

1、開会挨拶 東京商工会議所 会頭 三村明夫氏

2、基調講演 『守りから攻めへ:国際標準化は中堅・中小企業にこそ重要な事業戦略という認識-シェア喪失の失敗や驚異的シェア獲得の成功から学んだ国際標準化体験談あれこれ-』 IDEC㈱ 常務執行役員 技術戦略本部長 藤田俊弘氏

3、事例紹介 『企業の国際標準への対応と国際展開について』                                 ①大企業の事例 ㈱東芝コミュニティ・ソリューション社 技師長 小坂田昌幸氏                           ②中小企業の事例 島田電機㈱ 業務部 部長 田中幸広氏

4、施策紹介                                                                        『標準化をビジネスツールに!』                                                         経済産業省 産業技術環境局 基準認証政策課 基準認証広報室長 松原浩司氏

5、閉会挨拶                                                                       東京商工会議所 名誉会頭 岡村 正氏

2014年11月21日(金) 国際規格をつくる側にならないとダメ

 

ものづくり夜間大学校 中小企業経営セミナー 中小企業が儲け続ける方法!

北区ものづくり夜間大学校2014.11.7 中小企業経営セミナー 中小企業が儲け続ける方法!(ビジネスデザイナー/戦略プロフェッショナル 志村 勉氏)

平成26年11/7(金)、北とぴあ 8階 802会議室で開催されました。

志村先生のセミナーは数回参加しておりますが、素晴らしすぎて時間があっという間に過ぎていきます。 マーケティングとはお客を決めること、良い商品とほしい商品は違うこと、ニーズがあっても需要がない場合が多いこと、まずは、売るではなく→売れちゃう=喜んで買ってくれるものを常に実現できるようにすることだそうです。また、販売戦略とは、他の会社が真似できること、事業戦略とは、他とは違った明確な価値と競争優位性があり、容易に真似できない参入障壁を築き、目的、目標を達成させる為、持続的収益を確保することである。

また、たった一人のために最高の価値を考えるペルソナマーケティングが最近の流行だそうです。

2014年11月21日(金) 戦略で最重視すべきは、成功の鍵の設定(KFS)で、閾値を設定し、そこへ最大のエネルギーを注ぐ

~ダイヤ精機 諏訪貴子社長が語る~ 中小企業の組織づくりと人材採用・育成

新・経営力向上 TOKYO プロジェクト主催 ~ダイヤ精機 諏訪貴子社長が語る~ 中小企業の組織づくりと人材採用・育成 (ダイヤ精機株式会社 代表取締役 諏訪貴子氏)

平成26年11/4(水)、新宿区産業会館(BIZ新宿)1F多目的ホールで開催されました。

父の逝去を機に社長に就任。経営難に陥っていた同社で数々の経営改革を断行、リーマン・ショックや東日本大震災、歴史的な円高などの危機も乗り越え、3年連続で売上を伸ばす取引先への対応力やコスト管理力を高めるほか、熟練技術の若手社員への継承などにも意欲的に取り組んでいる。

日経BP社「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013」大賞、東京商工会議所「第10回勇気ある経営大賞」優秀賞等、数々の賞に輝き、2011年からは経済産業省・産業構造審議会の委員も務める。育児と経営を両立させる若手女性経営者として、地元でも著名である。

中小企業で問題になっている課題すべてが凝縮された講演会で、会社復活の手順がすごく参考になりました。

1年目:社員の意識改革教育~哲学・心理学の勉強 2年目:チャレンジ、IT化~町工場のIT化 3年目:維持継続発展

2014年11月13日(木) ヒューマンスキルの高い人材(サービス業経験者)は成長が早い

 

データマーケティング講座

データマーケティングを活用した集客向上講座・無料サービスGoogle Analyticsを活用したWeb分析        (株式会社ストライプワークス 代表取締役 松倉和也氏)

平成26年、11/4(水)、板橋区企業活性化センターで開催されました。

正しいデータマーケティングとは、仮設と実態のズレを解消し、比較することが効果的で、ズレが生じていないかを定期的に確認することである。

特に重要なものは、直帰率の改善であり、①前ページ②バナー(アンカーテキスト)③対象ページ の関連性のバランスをいかに修正するか、それにより、訪問数/1ページ目でた辞めた人を減らすかである。

2014年11月11日(火) 直帰率改善