月別アーカイブ: 2014年9月

東京商工会議所・「お金の流れが劇的に見える!資金繰り改善セミナー」~消費税の支払期限にも慌てない魔法のテクニック~

東京商工会議所・江戸川支部・「お金の流れが劇的に見える!資金繰り改善セミナー」~消費税の支払期限にも慌てない魔法のテクニック~

本日、9/25(木)東京商工会議所江戸川支部「タワーホール船堀3F研修室」で、三尾会計事務所、公認会計士・税理士「三尾隆志氏」のセミナーがありました。

①会社のこれからを知る②資金繰りは即ち入金管理③資金収支を整理する④運転資金不足か構造的な資金不足かを知る⑤掻き集めればどれだけ資金が確保できるか⑥金融機関からの借り入れの整理⑦経営者が理解できる経営の数字⑧現在の手持ち案件で年度末を予想する⑨利益と資金は異なる動きをする

以上9点を細かく説明して戴きました。

2014年9月25(木) 予測の経営に切り替える

第96回いたばし起業塾(株式会社つ・い・つ・い)

第96回いたばし起業塾 「伝統+革新であられを再生~グローバル展開へ」                    (株式会社つ・い・つ・い 代表取締役 遠藤貴子氏)

いたばし起業塾の目的は、参加者の起業力、企業マインドを高めること、参加者同士の懇親を深めることにあります。

本日、9/17(水)、板橋区企業活性化センターで開催されました。

株式会社つ・い・つ・いは、2008年創業、「ちょっと贅沢なあられ」を販売する会社です。Webだけでなく、北千住ルミネに出店しております。創業者の遠藤さんは、元々あられとは全く無関係なサラリーマン家族に生まれましたが、大学卒業後、銀行に就職するも「自分に合わない」と1年で辞めてしまいます。一方ネットショップを開設し、服の販売をして、物を売る喜びを感じたり、不動産営業に転職し、さらに販売への自信を深めていきます。そんな折、自分が気に入って入ったあられの会社がつぶれそうだという話を聞きます。何とかこの会社をしてあげたいという考えとともに、自分なりのアイディアがいくつも浮かびました。

「自分があられをおしゃれにできれば、新しいあられを創造できるかもしれない・・・」

あられというと日本の伝統的なお菓子の代表で、改良や変化の余地がないと思われますが、遠藤さんは伝統を大事にしつつ、新しい挑戦を行っています。

起業家として必要な ①どん底からの這い上がり②目標に向かって願いをかなえる③役に立つ発信をする④即行動 など、非常に参考になる講演会で、とても気合いが入りました。

2014年9月17日(水) 色々な軋轢を乗り越えようと努力し行動ていることに感銘しました。

品質向上会議

本日、9/12(金)当社お得意印刷会社様の品質向上会議が行われました。

工程のクレームを無くすことを目的として、製本会社数社の意見を取り入れ、皆で協力して売上向上を目指す、進歩的な会議でした。

2014年9月12日(金) 次回は平成27年1月16日(金)

日光白根山 

先週、9/6(土)夜中より9/7(日) 数年ぶりに、友人と日光白根山登山へ出かけました。

関東以北最高峰2,578m、登山ルートとして、一番簡単な(決して楽ではありません)丸沼ルートで行きました。登山経験は決して豊富ではないですが、自分のペースを乱さず、容赦のない傾斜に惑わされず、リラックスし、楽しみながら、歩き続けることにより、頂上に到達するんですね。

下山後は、尾瀬鎌田で十割蕎麦を食べ、老神温泉で休息し、23時に帰宅しました。充実した24時間を過ごしました。

2014年9月11日(木) 20年後カラパタールへ

東京商工会議所・「中小企業のための国際展開セミナー・最新のベトナム情勢と進出日系企業動向」

東京商工会議所・「中小企業のための国際展開セミナー・最新のベトナム情勢と進出日系企業動向」

本日、9/11(木)東京商工会議所ビル7階「国際展示場」で、在インドネシア国駐箚特名全権大使(前ベトナム社会主義共和国駐箚匿名全権大使) 「谷崎泰明氏」のセミナーがありました。

現在のベトナム経済問題点を列挙すると ①電力供給不足②労働力不足③許認可の遅さ、など、経済成長をして来た国の後追いをしている状況です。

ベトナムの一人当たりGDPは200米ドル、5年以内には地下鉄開業、2030年迄には、人口が約1億2千万人に増加します。また、言論の自由がある程度あり、議員制度も整っており、政治的な安定も望めるため、経済成長は、ほぼ確実です。

2014年9月11日(木) VN指数が回復基調

平成26年度 第2回 日暮里経営セミナー 中小企業のための生産革新セミナー

平成26年度 第2回 日暮里経営セミナー 中小企業のための生産革新セミナー~5Sはなぜ定着しないのか?推進するには?~                                                    (独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部 経営実務支援アドバイザー 大田克明氏)

昨日、9/10(水)ホテルラングウッド「光」で、上記セミナーが行われました。

「5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)」はなぜ定着しないのか?推進するにはどうすればよいか?を中心に、業務の効率化、ムダの排除のやり方、のポイントを紹介していただきました。

2014年9月11(木) 決めたことを守る事が最も重要

 

東京商工会議所・「200年企業」から学ぶ 成長と持続の条件

東京商工会議所中央支部設立40周年事業・「200年企業」から学ぶ 成長と持続の条件

昨日、9/5(金)ロイヤルパークホテル2階「有明」で、東京商工会議所中央支部老舗起業塾運営委員会主催・「200年企業」から学ぶ 成長と持続の条件 が、日本経済新聞社 安西編集委員 特別講演会が開催されました。

200年継続企業の地域分布は①東京(59社)②京都(21社)③大阪(18社)④兵庫(16社)⑤愛知(12社)⑥長野(11社)⑦静岡・広島(7社)⑧茨城・新潟・香川・福岡(6社)

200年継続企業の業種別分布は①製造業=139社②非製造業=11社③食品=94社④日用品雑貨=33社⑤建設・建材=14社⑥化学品=11社⑦医薬品=10社⑧鋳物・陶器=8社⑨旅館=8社⑩機械=7社⑪繊維商社=6社⑪染物・織物=4社

また、創業200年以上の企業は世界に約8,800社 ①日本=3,937②ドイツ=1,850③英国=467④フランス=376⑤オーストラリア=302⑥オランダ=296⑦イタリア=192⑧スイス=167⑨米国=157

なぜ日本に老舗が多いのかが興味深いところですが、徳川300年の太平のおかげで、信用重視の社会形成であり、例えば華僑は家族優先であるが、日本は「血」より「暖簾」である。また、息子を追放し、娘婿を後継者にするケースや、親族や後見人が当主を罷免する場合もある点など、非常に面白い。

また、商人哲学などもあり、特に”三方よし”の近江商人は有名である。

結びとして、時代の流れとともに変身している企業が残存している。

2014年9月6(土) 男子全米オープンテニス ベスト4 の盛り上がりのなかで

東京商工会議所・「中小企業のための独占禁止法・下請法解説セミナー」

東京商工会議所・「中小企業のための独占禁止法・下請法解説セミナー」

昨日、9/2(火)東京商工会議所ビル7階「国際会議場」で、経済法規・CRS委員会主催の「中小企業のための独占禁止法・下請法解説セミナー」が開催されました。

独占禁止法は、「公正かつ自由な競争を促進し、事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすること」を目的とした法律です。中小企業にとって、自分たちの会社が独占禁止法に違反しないために、また、不公正な取引から自社を守るために、独占禁止法や特別法である下請法などの関連法令を正しく理解し、自社の法令違反や取引先の違法行為による被害を未然に防止する内容でした。

下請取引適正化推進講習会テキストの事例集を参考に、実戦で使用できる内容のある2時間半の講習会でした。

2014年9月3日(水) 第二次安倍改造内閣発足