月別アーカイブ: 2014年8月

東京商工会議所・「東京都帰宅困難者対策条例説明会」

東京商工会議所・「東京都帰宅困難者対策条例説明会」

本日、8/28(木)豊島区立勤労福祉会館6階大会議室で、東京都総務局総合防災部事業調整担当課長「森永健二氏」の説明会がありました。

東京都は昨年4月から「帰宅困難者対策条例」を施行しています。首都直下地震等の災害時に多くの帰宅困難者が発生すると、発災後に優先して実施しなければならない救助・救援活動等に支障が生じる可能性があることから、「都内事業者の責務」として①一斉帰宅の抑制②安否確認手段の周知。「公の責務」として③一時滞在施設の確保④帰宅支援を努力義務としています。

①は、3日分の水、食料毛布等の備蓄と10%程度の量を余分に備蓄 ②は、災害伝言サービス、安否情報の一括検索

日常に防災習慣を取り入れることの重要性(例えば、買物のサイクルを一回ふやす)、や、6/9(月)の「山村武彦氏」がおっしゃっていた、小さな揺れを感じた、及び緊急地震速報発令の場合、ただちに、安全ゾーン(転倒落下物の少ない閉じ込められない場所)へ移動する事が大事です。

2014年8月28日(木) 安全ゾーンは玄関で、ドアを開ける

東京商工会議所・「売れる基本は営業から!マーケティング力強化セミナー」

東京商工会議所・「売れる基本は営業から!マーケティング力強化セミナー」

本日、8/22(金)東京商工会議所ビル4階で、インサイトアップ㈱・中小企業診断士/ターンアラウンドマネージャー「藤田雅三氏」のセミナーが開催されました。

マーケティングとは

アメリカマーケティング協会の定義(2007年) → 「マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・流通・交換するための活動、一連の制度、過程である」

日本マーケティング協会の定義 → 「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」*組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動をいう。

中小企業は、①新規顧客開拓②新製品開発の2点をやり続けなければ、競合の出現と自然減で客数は減り、不況とマンネリで客単価が減る。何もしなければ年間20%程度は売上が落ちても不思議ではない!とのことです。

2014年8月22日(金) 社会貢献のマーケティングを目指して

南大塚IT体感セミナーin Aug.

昨日、8/22(木) ㈱大塚商会南大塚事務所7階で、IT体感セミナーに参加いたしました。

不正送金される前に!パソコン乗っ取りの脅威!ネットバンキング丸見え!の講義を拝聴しましたが、仕組みを判らずにネットワーク環境を使用している場合が多く、また、貴重なデーターを扱っているという自覚が足りない事により、情報漏えいが起きています。ベネッセの情報漏えい事件の説明をしていただいたのが非常に勉強になりました。(重要データの丸投げ・転売できないような法整備)

2014年8月22日(金) 企業倫理の見直しが必要です

ビジネスを成功へ導く展示会活用セミナー

いたばし産業見本市実行委員会主催・ビジネスを成功へ導く展示会活用セミナー

本日、8/4(月)ハイライフプラザいたばしAホールで、社団法人日本能率協会専任講師「宮地克昌氏」のセミナーが開催されました。

マーケティング活動が出来る展示会は、①時代の潮流・業界の動向が把握できる②競合他社の動向が把握できる③新しい商品やサービスのヒントが得られる④顧客との出会いであり、来場者の課題を解決することが、来場者と出展者の共通の課題であるということです。(パートナー意識が重要)

(Everybody trap)にならないように~すべての顧客を対象にした商品、サービスは、顧客にとって魅力低下(Everything trap)にならにように~何なりとご相談くださいといった文句は相手に響かない

その他、出展者は主催者だという意識、MTPCマーケティング戦略(市場、ターゲット、ポジショニング、コンセプト)、特にコンセプトは、社会貢献等の変革

(Uniqe Selling Proposition)代替ができない魅力を表現する                              (Uniqe Selling Point)常套句を避ける~「最高の」「高品質」などは避けて具体的に何?がほしい

等々、90分のセミナーではボリュームが多く、現在復習しているところです

2014年8月4日(月) 情報収集及び復習は重要です

 

東京商工会議所・「日本経済の展望と中小企業の経営戦略」

東京商工会議所・東京都よろず支援拠点開設記念セミナー・「日本経済の展望と中小企業の経営戦略」

本日、8/4(月)東京商工会議所ビル7階国際会議場で、立教大学経済学部教授・スモールサン・エグゼクティブ・プロデューサー「山口義行氏」のセミナーが開催されました。

中小企業経営者は3つの能力が必要 ①時代を読み解く力~自分及び会社の位置を理解する(世界の動きのなかより) ②問う力~どんな意味で自社の商品が受け入れられているか(イノベーションに繋がる) ③繋ぐ力~利益、コストを分け合うこと

2014年後半は、中小企業増税(外形標準課税)が起こりそう(大企業減税の穴埋め)、金融機関対応に注意せよ、黒字倒産に注意せよ、とのことです。

また、今後のキーワードは、「市場創造」で、 毎年売上の5%くらいを新しい試みをし、5年間を目標として完成させる。当然、情報不足、人材不足、資金不足も5年間を目標として完成させる事です。

2014年8月4日(月) 「隣接異業種」が流行語になりそうです