職人技が生んだノートkagariシリーズ 夏季催事等

7月5日(水)~7/7(金)迄、念願のISOT見本市出展が叶いました。その後の展開で、以下催事の出展を行っております。

8/18(金)~8/28(月)迄、阪急うめだ本店9階祝祭広場「文具博覧会」           (営業時間は曜日により異なりますのでご注意下さい)

8/23(水)~9/5(火)迄、新宿伊勢丹本館5階パーソナルルーム/ステーショナリー        (営業時間は曜日により異なりますのでご注意下さい)

2017年8月24日(木)

 

板橋区魅力ある個店の創出・発掘事業講演 「心の時代」にモノを売る方法~見える人にしか見えない商売繁盛の仕組みづくり~

板橋区魅力ある個店の創出・発掘事業講演

「心に時代」にモノを売る方法 ~見える人にしか見えない商売繁盛の仕組みづくり~

講師:オラクルひと・しくみ研究所代表 博士(情報学) 小阪裕司氏

2017年7月25日(火)板橋区立文化会館 大会議室

1、多くの人が間違えている「売れない」「客が来ない」真の原因は?

場所・立地が悪い、競合店のせい ではない!

「人にフォーカス」していないから

お客様の行動だけが売上をつくる!!

気持ち・心 ⇒ 行動 ⇒ 現象(売上)

2、人の「買う」「行く」を生むメカニズムと、それに基づく商売の重点課題とは?

現代の消費行動:「心の豊かさ」を求めている

・心が豊かになるなら購入する

・「私の人生が変わる」と思えば全力で購入する

人の心をつかむ・動かすための重点課題

・商品・サービス

・売り方(伝え方) ⇒ 作ったものの価値をお客様に明確に伝える

・「価値に基準」を明確にする

・「価値」を語る ←自分たちのやっていることをお客様は半分もわかっていない

・心豊かな経験

・絆(コミュニティ) ⇒ 決定的に重要 しかしあまりにも多くの会社がやっていない

⇒ 営みが変わる (お客様の個人情報を取らないことが怖くてできなくなる)

3、「やったらできた!」で成果を生み出す3つの取り組みとは?

・情報(価値)を伝える

・働きかけ(動機付け)

人の心に働きかけて人の行動を変えるまたは生み出す

・「うちらしさ」を伝えたい

・お客様に教えてあげたい

・顧客を保持する(絆作り)

「良い商品買うこと」と「リピーターになること」は別行動!

「あなたから買いたい」と思わせる絆作りを

個人情報を取らないと顧客は確実に将来0になる

 

生産性の向上 = 付加価値の向上、革新的ビジネスの創出 / 効率の向上

付加価値の向上 = 提供するサービスの価値を増大させる

⇒ 生産性を向上させ、より価値を向上させるための知識を得る努力をすること!

 

2017年7月29日(土)㈹杉江 誠

 

荒川区・巣鴨信用金庫共催セミナー 販路拡大

荒川区・巣鴨信用金庫共催セミナー 「販路拡大」

講師:富士市産業支援センターf-Bizセンター長 すがも事業創造センターS-Bizスーパーバイザー小出宗昭氏

2017年6月9日(金) ホテルラングウッド5F「光」

全ての企業がかかえる悩み:「売上」

売上を上げる方法はこの3つのみ

1、販路拡大

2、新商品・新サービスの開発

3、新分野進出

具体的には

①真のセールスポイントを見つけ活かす(すべての企業にセールスポイントがある)

なかなか気づけないのは ・全体像が見えていない

・一方向からしか見ていない

・業界の常識に縛られている

よって価値の転換を!

弱点だと思っていたことが強みになる

共感性を持たせる(社会に共感されるビジネスになっているかどうか)

②ターゲットを明確にする(絞る)

今の時代は大企業でもターゲットを絞らないとモノが売れない→中小企業はなおさら!

以下を明確にすると答えが見えてくる

・まず自分が買うかどうか?

・(自分が買わない場合)どんな人が買うのか?

・似たような別のものはどのように動いているか?

・似たような別の業界の研究を

市場ニーズをどうつかむか! → 非常に難しい(大企業でも失敗する場合がある)

だからお金をかけずに知恵を使う

「なんでこうなったか?」成功事例を徹底的に研究する

消費者は「モノ」に魅力があれば何処へでも行く

SNSで知ってもらう(毎日更新 思いやこだわりなどを書き込む)

世の中に無いモノは明確にはっきりわかるように伝える

 

③コラボレーションする(必要な人、企業と連携する)つながりがお互い相乗効果を生む

 

ポイントとして

・思い付きで行動しない(必ず裏取りを)思い付きのみではとっても危険

・コンビニやドラッグストア等で新商品の研究(探検)を ターゲットは? 開発の切り口は? を探る

2017年6月13日(火) ㈹杉江誠

 

 

 

板橋区立成増図書館に展示

成増図書館展示画像

『町の製本屋がつくった開きを一番に考えたノート≪kagari≫』が先月の高島平図書館に引き続き6月1日(木)~6月29日(木)まで成増図書館入口の展示コーナー「ものづくり板橋 板橋の製本企業」にて展示されています。ケース上のA5サイズの展示品は手に取ってご覧いただけます。ぜひご覧になってみてください。

街のブングテンにはない文具がある店「ぷんぷく堂」にて常設販売開始

『町の製本屋がつくった開きを一番に考えたノート≪kagari≫』 2017.2.17(金)常設販売開始。

・仕様

A5サイズ 96枚 5㎜方眼 価格900円(税別)*初回モデル改良版

A6サイズ 96枚 5㎜方眼 価格650円(税別)

5色:アイボリー、ピンク、ペールグリーン、やまぶき、紺

カラー糸綴じ、小口銀、箔押など職人技で仕上げたちょっとオシャレなフラットな開きのノート。

尚:A5サイズは「ぷんぷく堂」のお客様の意見を多く反映した仕様に改善されたもです。

常設店舗 「ぷんぷく堂」http://www.punpukudo.jp

2017年2月17日(金)待望の常設です

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律

豊かで活力ある社会の実現を図るためには、自らの意思によって職業生活を営み、又は営もうとする女性の個性と能力が十分に発揮されることが一層重要である。そのため、以下を基本原則として、女性の職業生活における活躍を推進する。

➣女性に対する採用、昇進等の機会の積極的な提供及びその活用が行われること

➣職業生活と家庭生活との両立を図るために必要な環境の整備により、職業生活と家庭生活との円       滑なかつ継続的な両立を可能にすること

➣女性の職業生活と家庭生活との両立に関し、本人の意思が尊重されるべきこと

当社は、グローバルスタンダードを目指し、「事業主行動計画」を策定し、女性の人材募集を行っております。

2017年2月9日(木)

オリジナルブランド『craftib』新製品 ≪kagari≫ノートのご案内

このたび、当社初オリジナルブランド『craftib』を立ち上げました!

第1弾として、『町の製本屋がつくった開きを一番に考えたノート≪kagari≫』ノートをご案内致します。

・仕様
A5サイズ 32枚 5㎜方眼 カラー:アイボリー、ピンク、ペールグリーン、やまぶき、紺

価格:400円(税別)

dsc_0028

 

 

A6サイズ 96枚 5㎜方眼 カラー:アイボリー、ピンク、ペールグリーン、やまぶき、紺

価格:650円(税別)

  dsc_0031

当社の永年培ってきました職人技の知恵と工夫が詰まった、一度手で押さえただけでフラットな開きが保てる使いやすさ抜群のノートです。
カラー糸綴じ、小口銀、箔押しなどちょっとおしゃれな仕上がりになっております。

筆記時に適度なスベリを保ち書き心地に優れた書籍用紙を厳選致しました。

 

10月6日(木)より約1ヶ月間、本八幡の「ぷんぷく堂」にてテスト販売を致しております。

http://www.punpukudo.jp/main.html

%e3%81%b7%e3%82%93%e3%81%b7%e3%81%8f%e5%a0%824

2016年10月8日(土)杉江誠

 

日本商工倶楽部 一般公開夏季経営講座 第1日 第1講座「人生を面白くする本物の教養」

日本商工倶楽部 一般公開夏季経営講座 第1日 第1講座「人生を面白くする本物の教養」

講師:ライフネット生命保険㈱ 代表取締役会長 出口治明氏

2016年8月31日(水)とみん神田ビル3階会議室

・世界経営計画
 誰しも人は「世界経営計画」を持っている ⇒ 意識・無意識で伸び縮みする
 -この世界をどのようなものとして理解し
 -どこを変えたいと思い
 -自分はその中でどの部分を担うのか・・・自身が何をすれば世界が良くなっていくのか?    
   メインシステムは神様
   サブシステムを担うのが「人」
・「人は見たいものしか見ない」習性がある ⇒ 補正する必要がある
    ・タテヨコ思考の重要性・・・タテ:歴史 ヨコ:世界、世の中 を重要視する
    ・数字・ファクト・ロジックのみで考える
・少子高齢化
 日本の歪んだ婚姻システムからの脱却を
  シラク3原則 ・出生において女性の発言権を尊重(男性は発言権無し)
         ・義務保育での待機児童ゼロ
         ・育児休暇後の現職復帰
・日本の労働生産性(国際競争力)を上げるには
  「めし」「ふろ」「ねる」の生活から ⇒ 「人」「本」「旅」の生活へ スタイルを変えること!
  「人」・・・たくさんの(良い)人と出会うこと まずYES(ポジティブに行動すること)
  「本」・・・たくさん本を読むこと 良著:古典は無条件に良い、新著は新聞の書評を参考にする
  「旅」・・・たくさん現場に行くこと  情報は五感で入る
  これ以外に賢くなるツールはない!!
 早く仕事を終えて「人」「本」「旅」の生活を! ⇒ アイデアの湧く生活へ
 ⇒これからは「アイデア」「発想力」がGDPを推進する時代
 イノベーション:不真面目さ、遊び心、冗談から産まれる

2016年9月3日(土)㈹杉江誠
  

板橋区産業振興公社 働きがいのある会社セミナー「相談例から学ぶ労働基準法・労働契約法」

板橋区産業振興公社 働きがいのある会社セミナー「相談例から学ぶ労働基準法・労働契約法

講師:特定社会保険労務士 河野直次氏

2016年8月24日(水)板橋区ハイライフプラザいたばし 2階Bホール

労働関係:使用者と労働者と「契約」・・・自由意志合致で決定
 対等の立場の実現のため、労働関係における契約の自由や調整を図ったものが労働基準法・労働契約法

契約書、就業規則の整備とそれらを従業員が周知・承諾していることが重要

労働契約:書面による労働条件の明示(義務)以外は自由に明治
 有期労働契約(期間の定めのある労働契約)⇒無期転換への留意点
  就業規則において「職責」「業務内容」「更新条件」を明示しておくこと

「懲戒」の合理性・・・就業規則、契約が文書化されていること + 就業規則の解釈が必要
「懲戒」の相当性・・・社会的通念、会社の名誉や信用を損ねたかどうか? が基準となる
  注)解雇権の乱用は無効(労働契約法第16条)

労働時間:休憩時間を除いて1日に8時間、1週間に40時間を越えて労働させてはならない
 ⇒変形労働時間の採用
  1ヶ月単位の変形労働時間:1ヶ月以内の一定の期間を平均し、1週間の労働時間が40時間の範囲で、特定の日や週について1日及び1週間の法定労働時間を越えて働かせることができる(1ヶ月平均で8時間/日になっていれば割増は払わなくてよい)

労使協定、就業規則で労働時間を特定し、周知すること(シフト表が必要)、起算日を明確に定めておくこと

2016年8月28日(日)㈹杉江誠